1. >
  2. ニキビ跡の赤み批判の底の浅さについて

ニキビ跡の赤み批判の底の浅さについて

よく美容の雑誌や書籍には、小顔になって肌がきれいになり、ダイエットにも良いし、デトックス効果がある、免疫力の増進など、リンパを流してしまえば何もかもOK!というフレーズが踊っている。

美白という概念は1995年から1999年頃にかけて美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が必要性を唱えて人気に火が付いたが、それより昔からメラニン増加が原因のシミ対策に対し使用されていた。

ホワイトニング化粧品であることを正式なツールで謳うには、まず厚労省に許可された美白に効果を発揮する成分(ほとんどアルブチン、コウジ酸など)を含んでいる必要があります。

メイクのメリット:自分の顔立ちをいつもより好きになれること。顔に無数にある面皰・くすみ・毛穴の開き・ソバカス・ひっかき傷を隠すことが可能。時間をかけてキレイになっていくという高揚感。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を添加している美肌水は肌に優しく、ドライスキンの人に効果的な化粧水です。防腐剤や芳香剤など余分な成分を使っていないため、お肌の敏感な人でも使用できるのが特長です。

美白ブームは、90年辺りからじわじわと女子高生などに人気を博したガングロなど、極度に日焼けする渋谷系ギャル文化への反論とも取れる思いが内包されている。

爪の生成行程はまるで樹木の年輪のように刻まれるものであるために、その時々の健康状態が爪に表れやすく、髪と等しく一目で理解しやすいので健康のバロメーターとも言われているらしい。

動かずに硬直した状態では血行も滞りがちです。そうすると、目の下の辺りを始め顔中の筋肉の力が落ちてしまいます。そこで顔中の筋繊維もよくストレッチをしてあげて、たまに緊張をほぐすことが大事です。

日本人が「デトックス」の虜になってしまう最大の理由は、私たちが暮らしている環境の汚染だろう。空気や土壌は汚され、コメや果物などの食物には作用の強い化学肥料や農薬がふんだんに使われていると言われているのだから無理もない。

意識していなくてもPCやスマホのモニターに釘付けになっていて、眉間にしわを寄せ、さらに口角を下げたへの字(余談ではありますが、私はシルエットがそっくりなので「富士山口」とも呼んでいます)をしているのでは?これはお肌にとって最悪です。

形成外科や整形外科とは異なり美容外科が欠損などのない健康体に外科的施術をする容貌のための行為であるのに、安全への意識が足りなかったことが一つの大きな誘因だと考えられている。

早寝早起きはもちろんのこと、一週間に2回以上楽しい事を続ければ、健康度は上がると考えられています。このような場合もよくありますので、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方は皮ふ科専門医を受診してみてください。

頭皮の手入はまたの名をスカルプケア(scalp care)とも言われています。頭皮は髪の毛のトラブルの代表である抜け毛やうす毛などにとても密接に関係していると供に、フェイスラインの崩れやたるみにも影響を及ぼすと考えられています。

ネイルケアというものは、爪のお手入れを指す。美容だけでなく、健康、ファッション、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質の保全というような多岐に渡るジャンルが存在し、今やネイルケアはなくてはならないものと言えよう。

美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などを利用して容貌や容姿をよりきれいに見せるために手を加えることをいう。古く江戸時代には化粧(けわい)と同義のものとして使われていたそうだ。

多くの女性に親しまれているピーリングとは、役目を終えてしまった要らない角質をピール(peel:皮を剥くの意味)した結果、まだ新しいきれいな表皮に入れ替えて、新陳代謝を正常化する人気の美容法なのです。

どこにも問題のない健康な身体にも生じるむくみだが、これは浮腫んで当然。特に女の人は、脚の脹脛の浮腫を気にするが、人間ならば、下半身がむくむということは一般的な状態なので神経質にならなくてもよい。

皮膚の細胞分裂を活性化し、皮ふを生まれ変わらせる成長ホルモンは昼間の勉強などの活動している時はほぼ分泌されなくて、夕食を終えてゆっくりと身体を休め安らかな状態で分泌されると言われています。

審美歯科というのは、美に主眼を置いたトータルな歯科医療分野のひとつ。歯の持つ役割には咀嚼など機能的な側面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、両方とも健康に関わっている非常に重要な要素だと考えることができる。

美容外科というのは、正統な外科学の中の一つであり、医療中心の形成外科(plastic and reconstructive surgery)とは違うものである。また、整形外科とも混同されることがよくあるがこれはまったく分野の違うものである。

現代を生きていく身としては、ヒトの体内には体に悪影響を及ぼすというケミカルな物質が溜まり、又私たちの体の中でも老化を促す活性酸素などが誕生していると言われているらしい。

特に夜間の歯のケアは大切。歯の表面に付着した“蓄積くすみ”を取り除くため、就寝前はちゃんと歯みがきしましょう。ただし、歯磨きは回数が多ければ良いわけではなく、クオリティをアップすることが肝要なのです。

知らない内にパソコンやスマホの画面に集中してしまって、眉間に縦ジワを作り、更に口角を下げたへの字口(因みに私はシルエットがそっくりなので「富士山口」と名付けています)をしているのでは?これはお肌にとって最悪です。

思春期が終わってから発症する、治りにくい“大人ニキビ”の女性が徐々に増えている。もう10年間この大人のニキビに悩まされている方が専門クリニックの門をたたいている。

乾燥肌によるかゆみの誘因の殆どは、歳を取ることに縁る角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の衰退や、ボディソープなどの頻繁な使用に縁る肌の保護機能の衰えによって生まれます。

押し返してくる皮ふの弾力感。これを操っているのは、お馴染のコラーゲン、すなわち蛋白質です。スプリングの働きをするコラーゲンが充分にお肌を下支えしていれば、肌はたるみとは無関係というわけです。

マスカラやアイカラーなどのアイメイクを落とすときにメイクをきれいに落とさなければいけないとゴシゴシと強くこするようにして洗い続けているとお肌が傷んだり炎症を起こす等して色素沈着が起こってしまい、目の下の茶色いくまの一因となります。

ドライ肌とは、お肌(皮膚)の角質の細胞間脂質と皮脂分泌の量が通常の値よりも目減りすることで、お肌にある潤いが蒸発し、皮膚がカサカサに乾く症状のことです。

ネイルのケアというものは爪をよりきれいな状態にキープしておくことを目標としているため、ネイルの異常を知る事はネイルケア技術の向上に相当役立つし理に適っているということができる。

内臓矯正(軟部組織マニプレーション)とは近辺の筋肉や骨が災いして位置が不安定にあってしまった内臓をもともと存在したであろう位置に戻して内臓機能を活性させるという施術なのです。